Escape from delusion

消費日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
レイトショー
フォッグ・オブ・ウォーを見る。元米国防長官の告白?独白?戦争を操った側からの証言、興味深い。個人の視点からの話だから客観性には欠けると思うし、ギリギリの所で自分を正当化しようとする思いも見えてたりする、頑固な老人の昔話(それにしては話がでかいし重すぎるけど)に共感や感情移入は出来ない。戦場にたつ兵士の事をおざなりにして話を進める所もどうも...まぁ意識はしているだろうけどはっきり反戦映画と言う訳じゃ無いし、そこがドキュメントなワケだけど。でも過ちを侵したとは言いつつもはっきりと反戦と言う考えは示さない、最後のインタビュアーの質問にも「私は無言を選ぶ」と答えを濁す。戦争を起こした側が反戦を表明するのはやはりむずかしいのだろうが、あそこではっきり戦争には反対だと言っていたらもっとオチたし、意味も変わって来たかも。後、戦争を起こした側の人間が「戦争は無くならないと思っている」って言っちゃうのも、それが現実なんだとしても、なんだかなぁ...面白かったけど、もっとインタビュアーが突っ込んだ方が良かったかも、それじゃ映画の意味も変わっちゃうんだろうけど。

※最近なぜかドキュメンタリーばかり見てる、次はSAWでも見ようかな。

※一緒に行った友人が13デイズというキューバ危機の映画も見た方が良いと言ってたから、ビデオ借りてみよう。

※mixiっておもろいんすか?

※○ 刃頭/現場デ炸裂 VS DJMASAKI/BEST OF K DUB SHINE ●

※Ian MacKayeさんを参考にして紺のチノパン買ってみたけど、警備員にしか見えない,,,
| wak | 映画 | 11:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
天気予報が当たらない
寝坊して仕事してイラついて、お楽しみは久々に会う友人と映画鑑賞。

アトミックカフェを見る。これは面白い。反プロパガンダサンプリングムービー、ソースは冷戦下のニュース映像や政府の広報フィルム。今、原爆は恐ろしいという"常識"をもって見ると本当にニュース映像や政府の広報フィルムかと疑えるほど滑稽でエディットの上手さも有り、凄くエンターテイメントだ、けど当時のように何も知らなかったらこれでコントロールされていたのかもしれないと思うと恐怖も湧くし、今も自分達はメディアに巧妙にコントロールされてるんじゃないかとも思えて来る。政府の広報フィルムをエンターテイメントに出来ると言う事はその逆も可能な訳だし...警戒は必要、だ。

予告でやってたフォッグ・オブ・ウォーも面白そう。

鑑賞前に渋谷ユニオンで中古で1枚
MIE CITY HARD CORE vol2。CONTRAST ATTITUDE,ALIVE,DECEIVING SOCIETY収録。やっぱりCONTRAST ATTITUDEはカッコ良い。17日はwattsかなぁ。

| wak | 映画 | 02:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
華氏911
仕事帰りに友人4人と飲酒TO映画鑑賞。

ブッシュ下しのプロパガンダ映画。ショッキングな映像や発言は確かに有って、それなりに衝撃的かもしれないけど、それを上手くナビゲートするキャッチーさが今回は無かったと思う。ああいう内容だけに抑えたのか、ブッシュの姿を暴くのに徹したのか、淡々としてた。プロパガンダで重要なのはナビゲートの力だと思うから、娯楽として見てしまった自分には正直イマイチだった。

ただブッシュの行動や発言はこの映画を完全に信じるなら、クルッテルと思うし、ブッシュ下しへの効果は有ると、日本人の自分も思った。

そしてインタビューに答えるブリトニーのセレブ&ビッチぶりはリアルだった。
| wak | 映画 | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ